日帰り旅行を東海で楽しむ?

東海地区は関東からでも関西からでも日帰り旅行が可能な地区です。
関東からなら、東京を出発して伊豆方面に向かえば、相模湾も駿河湾も観光スポットが非常に豊富ですし、大阪からなら三重県の伊勢湾方面も東海地区に属します。
東海という名前の通り、海沿いが多いですから、日帰り旅行でも観光気分がたっぷり楽しめるコースを設定できるのが特徴です。
では、東京から出発するドライブコースからご紹介しましょう。
まずは、元祖観光地の熱海を目的地とした熱海城、アカオリゾート、温泉のコースです。
国道135号線で海岸沿いに熱海の街をいったん通り過ぎ、錦ヶ浦公園を抜けると熱海城があります。
この熱海城、遠くから見たことはあっても実際に訪れたことがない人も多いのではないでしょうか。
地上43メートル、海抜160メートルという立地で、ここは熱海随一の眺望ポイントなのです。
6階の天守閣まさに360度に広がるパノラマで、左から熱海市街、真鶴半島、房総半島、初島、大島、伊豆半島というように東海地区東端である相模湾が一望できます。
次は国道135号線を少し南下した所にあるアカオリゾートに向かいましょう。
ここは、ホテル、ビーチリゾートと共にハーブ&ローズガーデンがあるのがポイントです。
アカオハーブ&ローズガーデンは訪れる季節によって変化するハーブとバラが楽しめる大規模なガーデンで、熱海の観光名所としても有名な場所です。
ガーデンの種類は、プロポーズガーデン、シークレットガーデン、ラベンダーガーデンなど10以上のコーナーに分かれ見ごたえも十分です。
昼食はアカオリゾート内の3つのレストラン、「にしき亭」、「ミッレフィオーレ」、「花の妖精」を利用出来ます。
どれもリゾート地にふさわしい雰囲気満点のレストランですよ。
仕上げはやはり温泉で、お勧めは、お風呂だけの利用がOKな老舗の温泉旅館大野屋です。

大野屋敷地内には源泉を4本も所有し、300名が入浴出来る大きなローマ風呂や露天風呂、貸切無料風呂など熱海でも屈指の設備を誇っています。
ゆっくり温泉に浸かって、夕方帰路につくことになります。
東京から最も手軽な東海地区の日帰り旅行ですが、今日1日で熱海を満喫出来るのではないでしょうか。
さて大阪からですが、三重県なら松坂日帰り旅行は如何でしょう。
松坂温泉熊野の郷なら「レストラン熊野川」で松坂の食材メニューを堪能してから、敷地内の源泉から湧き出す温泉で、和風とバリ風の2つのタイプのスパも楽しめてしまいます。
もちろん大露天風呂付きで掛け流しの湯もあります。
もう少し遠くまでOKという人はナガシマスパーランドまで足を延ばしても日帰り旅行で十分楽しめますよ。
東海の海岸沿いは本当に観光地だらけです。

関連ページ

日帰り旅行を関東で楽しむ?
日帰り旅行を楽しんだことはありますか?宿泊のことを考えずに、気楽に出かけられるのが日帰り旅行の良いところです。ここでは、地域別のお勧め観光スポットなどを紹介しています。
日帰り旅行を関西で楽しむ?
日帰り旅行を楽しんだことはありますか?宿泊のことを考えずに、気楽に出かけられるのが日帰り旅行の良いところです。ここでは、地域別のお勧め観光スポットなどを紹介しています。
日帰り旅行を近畿で楽しむ?
日帰り旅行を楽しんだことはありますか?宿泊のことを考えずに、気楽に出かけられるのが日帰り旅行の良いところです。ここでは、地域別のお勧め観光スポットなどを紹介しています。
日帰り旅行を広島で楽しむ?
日帰り旅行を楽しんだことはありますか?宿泊のことを考えずに、気楽に出かけられるのが日帰り旅行の良いところです。ここでは、地域別のお勧め観光スポットなどを紹介しています。
日帰り旅行を九州で楽しむ?
日帰り旅行を楽しんだことはありますか?宿泊のことを考えずに、気楽に出かけられるのが日帰り旅行の良いところです。ここでは、地域別のお勧め観光スポットなどを紹介しています。